自転車をシェアしてエコで便利な生活

小回りの利く自転車はちょっとした移動に重宝しますね。とはいえマンション住まいだと置き場所がせまかったり、目的地で止めておく場所に困った経験はありませんか?そんな悩みの解決には、自転車を“シェアする”ことで効果がありそうです。

・自転車をシェアするという仕組み

駅前に並ぶ数多くの放置自転車…。以前に比べずいぶん減ってきたものの、特に都心部ではその数も多く、あふれかえった自転車が歩道をせばめてしまうといったこともよくある光景です。定期的に撤去される自転車はその後、中古店で販売されたり海外へ輸出されることもあるようですが、廃棄処分されるものも多くあります。そういった自転車を減らすためにも、誰もが自転車を“保有する”のではなく“使える”環境を整えるということにシフトとした結果が“シェア”という考え方なのかもしれません。アパマンでは「ecobike」という事業を行っています。実は社長の大村浩次がアパートやマンションを管理している中で、使われないまま放置されている自転車に目がとまったことから始まっているのだそうです。大村浩次は、自分で保有していなくても必要な時にすぐ使える自転車があれば便利に違いないと考えたそうです。

・あらためて考える自転車の便利さ

自転車には燃料も必要ありません。多くの人が利用しても、CO2問題などの心配も必要ないのです。また、災害時など交通機関がマヒするようなときでも移動手段として使うことが出きます。自転車という身近な乗り物は、さまざまな最新テクノロジーがあふれている現代にこそ、その利便性がいかされるのかもしれません。しかしながらいつも使わないものを所有しておくのは、なかなか難しいと言えます。また、手軽さゆえに簡単に放置してしまうという問題にもつながるのでしょう。大村浩次の考えるように一つの自転車を複数の人がシェアして使えば、自宅で保管する必要もなく使いたいときに使うことができ、目的地で置き場所に困るといったこともなくなります。この仕組みがアパマンの運営する「ecobike」にはあるのです。

・使い方は簡単!手軽な自転車シェア

アパマンはStreet株式会社が提供するHELLO CYCLINGと提携することで、シェアサイクリング業務を運営しているようです。インターネット上でオンライン管理をしているため、スマートフォンやパソコンで乗りたい場所のステーションを調べたらそのまま予約するだけで使うことができます。もちろん利用料金もオンライン決済が可能。交通系ICカードを登録しておけば、予約をしなくてもステーションにある自転車の操作パネルにICカードをタッチするだけで利用することができるのです。利用したあとは目的地のステーションに返すだけでよく、必ずしもその自転車に乗って帰る必要もありません。バスや自転車のように、必要な区間だけ利用することができる自転車のシェアリングサービスは新しいインフラの一つとして広がっていくのかもしれません。

放置された自転車はシェアという新たなサービスを生み出すきっかけになりました。そのサービスで、多くの人が便利に暮らすことができています。一つのものをみんなで使い、大切にするという考え方はどんな時代にも受け入れられるでしょう。