ネットが人とモノを動かすシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?欧米から広がり始めた一つのものをシェアするというこのサービス。自分で所有しなくても、必要な時に利用できるということで広がりを見せています。それにはIT技術が広く普及したことも一役かっているようです。

・不動産賃貸業から生かされたもの

アパマンの社長である大村浩次は不動産賃貸業を運営していく中で、どうすればより借りやすいかということを常に考えてきたそうです。もともとITを活用して不動産産業の役に立ちたいと考え起業したという大村浩次にとって、自社のIT事業の発展にこのシェアリングエコノミーというサービスはマッチしていたのでしょう。スマートフォンの普及で誰でもどこでも手軽にネットにつながることができるようになりました。その手軽さを活用すれば自動車や自転車、駐車場といったものまで不特定多数の人とシェアして無駄なく使うことができるのです。IT産業というと難しく感じてしまったり、あまり深くかかわりを感じない方も多いかもしれません。しかし、日常生活の中でそのシステムは細やかに機能し、日本人の“もったいない”という昔ながらの精神にも通じるシェアリングサービスを可能にしているのです。

・なぜ今シェアが広まっているのか

世の中にどれだけのモノが溢れているでしょうか?SNSなどの発信力も相まって、使ってみたくなるような便利グッズやお助けグッズだけでも数えきれないくらい存在します。何もかもを試してみるというのはなかなか難しいものです。しかし自分にとって本当に必要なものだけをチョイスしたとしても、予算や置くスぺースなどを考えると手に入れることを躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか?そこに“シェア”という考え方が生まれてきました。どんなに必要なものでも24時間ずっと使いつづけるものはほとんどないでしょう。誰かが使っていない時、別の誰かが使う…そうすることで、所有者にとっては収入源になったり、借りる人にとっては、手軽な価格で利用できるし保管するスペースも必要ないなど、さまざまなメリットを生み出すのです。

・簡単に買えないものほど需要がある

自動車や駐車場といったものを保有するには初期費用もそれなりの金額が必要です。自動車はその後も維持費がかかりますし、駐車場を借りるなら毎月の賃料が発生します。しかし、例えば駐車場の場合日中仕事などで自動車を使用していれば、長時間その駐車場には何も止まっていないことになります。こういった隙間資産の有効活用がシェアリングエコノミーなのです。アパマンでは駐車場のシェアサービスを行っている、軒先株式会社と提携して、月極駐車場やマンションなどの空いている駐車場などを貸し出しています。自社の賃貸住宅管理システムを活用することで、どこにどれだけのスペースが確保できるのか把握でき、誰もがスムーズに貸し借りできる仕組みを作り出したのです。スマートフォンやパソコンから予約するだけでスムーズに指定の駐車場を使用することができます。料金もオンライン決済で済ませることができるため、スマートで手間がかかりません。とくに、スポーツ観戦施設などの周辺で混雑が予想される時など便利に利用されているようです。

IT技術の発展がシェアリングエコノミーをより発展させていることは言うまでもないでしょう。数多くの情報を把握することや、面倒な手続きもネットを利用することで簡単に行えるようになりました。こういった取り組みは大村浩次が考えていた、どうすればより借りやすいか、ITを活用して不動産業界の役に立ちたい、という考えにつながっているのかもしれません。

▲PICK UP大村浩次 – ホーム | Facebook